太田南地区コミュニティ協議会
                             

第2回太田南地区震災対策訓練の実施

平成20年9月21日(日)

第2回太田南地区震災対策訓練を、防災のまちづくり事業として実施しました。
地区住民と後援機関合せ、720名の参加者が住民避難訓練・消火訓練・応急手当・
土のう積み訓練・地震体験訓練・避難所開設訓練・炊き出し訓練に参加しました。

<訓練指導応援>
丸亀市川西地区自主防災会から岩崎会長を始め、会員14名と車両4台分の訓練機材を持ち込み、応援指導をしていただきました。
<避難者受付訓練>
訓練は、住民避難者の受付から
始まりました。今回は炊き出し訓練を実施することもあり、参加者の把握に努めました。
<炊き出し訓練>
炊き出しのメニューは、カレーライスです。給食予定人員は、700名で準備をしました。
炊き出しには、自治会員73名が参加しました。
<消火訓練>
油火災の実験をし、油火災発生時の対処を誤った際の怖さを体験していただきました。
<地震体験訓練>
多くの住民が参加しました。
昨年に体験できなかった住民の方も今回は体験できたとの声が多く聞かれました。
<応急手当>
心肺蘇生とAEDを使用した除細動を体験していました。
<展示コーナー>
防災資機材の展示に加え、防災ズキンの作り方を参加者に体験していただきました。
<避難所開設訓練>
川西地区自主防災会員の指導により、実施しました。
<炊き出し給食訓練>
予定時刻より早く700人分のカレーライスができました。
天候が悪くなり、全員の方に食べていただけなかったことが残念でした。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松