弦打校区コミュニティ協議会
                       

避難所運営ゲームHUGを開催しました

8月4日(日)10:00〜,弦打コミュニティセンターで,コミュニティ協議会主催・コミュニティセンター講座共催で「避難所運営ゲーム」を開催しました。
小学校校舎や体育館,コミュニティセンターが避難所になったとき,様々な事情を抱えた人々が続々とやってくるのを部屋割りしていくカードを使ったゲームです。

12月31日に大地震が発生した想定。個人の家はほとんどが全壊または半壊し,とても住める状態ではありません。耐震化した小学校やコミセンが避難所となった想定。
条件としては,停電したり断水したり・・・。実際にありがちなことですが・・・。
9つのグループに約6人ずつで分かれて1時間ほど避難所運営のシュミレーションをします。参考になる意見もたくさん出て,随分考えさせられました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松