香西地区コミュニティ協議会
                                 

いざというときのために

香西女性教室が行われました。香西で、もし大災害(地震・火災・高潮・津波)が起きたら、婦人会として何ができるのかが話し合われました。香西婦人会元会長の松山先生からお話がありました。

弁当の配布方法や配給品の品物・連絡網・一人暮らしの方・人づきあいや自治会の加入を呼びかけようと話はふくらみます。
核家族化の影響からか、話し合う機会も減ってきた。井戸端会議などの日常生活で話し合うチャンスが昔はあった。
平成16年 台風16号・23号の被害を受けた際の、思いや婦人会としての体験談を資料で読み上げました。
被災時には笛を持って家をでましょう。という意見もありました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松