二番丁地区コミュニティ協議会
                           

交通事故抑止街頭キャンペーン

 二番丁地区コミュニティ協議会と交通安全母の会は、交通事故多発全県警報が発令されたのに伴い、1月25日(金)、幸町交差点にて交通事故抑止街頭緊急キャンペーンを行いました。

 25年は、年初より高齢者が被害に合う事故が多発しています。
 交通ルールやマナーを守り、安全運転を心がけましょう。 

 老人クラブ見守り隊、地域安全連絡会と北警察署も参加。
 老人クラブの見守り隊の皆さんは、朝7時過ぎから新番丁小学校児童の登校を見送った後、引き続いての参加。
 見守り隊の会員数は、平成25年1月現在、44名。今年で結成7年目を迎えます。
 雨の日も風の日も、寒い日も暑い日も交差点に立ち、児童の登下校を見守り続けています。 
 年末キャンペーン(12月10日実施)
 ドライバーに手袋と標語を配り、安全運転を呼びかけました。
 年始キャンペーン(1月10日実施)
 年末同様、手袋などを配りました。
 
 

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松