栗林校区コミュニティ協議会
                             

福祉餅つき

          日時:平成24年12月23日(日)
              7:00〜13:00

          場所:栗林小学校 体育館・運動場


          主催:栗林校区コミュニティ協議会
              福祉餅つき実行委員会

          主管:社会福祉協議会栗林分会

 
   

本日の集合時間は男性軍7:00。
女性軍7:30。
運動場では窯の火を興すために早朝からの準備です。
体育協会・社会福祉協議会・PTA育成会各種団体勢ぞろいです。
そうこうしているうちに
体育館内では餅の切り分け、まるめ、パック詰め作業の準備が整いました。出来あがったお餅は地域の一人暮らしの高齢者のお宅へと民生員さんたちの手で運ばれるからです。
420キロのもち米をつくには石臼杵つきだけでは、到底賄いきれません。
今年は餅つき機も5台据えられ、
万全を期しています。
8時を回る頃から、
順次つき上がってくる餅をあん餅へと丸めます。
民児協の皆さんは慣れた手つきで作業が進められます。
粒の揃った出来上がりは熟練の技?
お隣通しくっつかないように少し乾かします。
パック詰めされたお餅の中には
子ども会のお友達からのメッセージが添えられます。
民生委員の皆さんは
それぞれの担当エリアに分けて配送の準備です。
運動場では次々にもち米が蒸し上がります。
蒸し上がったもち米は、子ども会のみんなや地域の方たちでつきあげるものと
餅つき機でつく者に振り分けられます。
湯炊きの釜も用意されます。
こちらは手水と婦人会が
用意して下さるおうどんの炊き出し用です。
餅つき機チームはスピーディにつきあげていきます。
鏡餅は水分が少ない方がいいので
餅つき機のお餅が使われます。
今年は新兵器の登場です。
年々少なくなる熟練のちぎりさんの助っ人です。
校長先生をはじめ、先生方やお父さんたちが代わる代わるハンドルを回してくれます。
ほかほかのできたてのお餅は
みんなに笑顔を運んでくれました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松