浅野校区コミュニティ協議会
                         

大正琴の調べにのせて歌おう            〜童謡・唱歌と心の歌〜

 11月22日(木)高齢者教室「大正琴の調べにのせて歌おう」が行われました。
今回はセンターで活動している「琴城流大正琴らん浅野同好会」の皆さんの演奏に合わせて、童謡、唱歌、アニメソング、心の歌、青春ソングを合唱しました。
 「歌詞を思い出しながら声を出して歌うこと」は脳の活性化にも良いそうで、皆さん懐かしい歌を大きな声で歌い、楽しい時間となりました。

「小鍛冶」の演奏に思わず聞き入っていますね。
\(^o^)/
「らん浅野」メンバーの皆さん。大正琴は胸に染みわたる、良い音色ですよね!
末永先生の「ふじの山」「七つの子」の詩に込められた意味を聞き「そうなんだ・・」と改めて納得です!
( ..)φ
「あゝ人生に涙あり」元気な大きな声で楽しそう!
(^^)/
「東京のバスガール」では青春時代を思い出したようです。
(*^。^*)

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松