栗林校区コミュニティ協議会
                             

防災訓練

日時:平成24年11月11日
    午前9時〜11時30分

場所:楠上浄水場跡地

主催:栗林校区コミュニティ協議会

主管:栗林校区自主防災組織連絡会

明け方降りだした生憎の雨でしたが
災害は雨でも起こります。
訓練参加者の皆さんも着々とメイン会場へ
集結してきます。
受付は女性防火クラブの皆さん。
受付では、避難所運営組織立ち上げ時に作成された
個別カルテになるカードを記入して行きます。
今回の訓練では、
地域と行政の縦割り組織が
上手に連携できるようにと
関係各所から参加して下さっています。
コミュニティ協議会
多田会長の挨拶では
「地域で行う防災訓練の大切さ」
自主防災会連絡会松下会長より
「今日の訓練は今日だけのことではなく
ここへ至るまでのプロセスの
確認の場であること」
等が話されました。
この訓練は、楠上共栄・宮西・大栗、
3つの自主防災会が連携しての
開催です。
このエリアの最終避難場所は
高松第一高等学校です。
竹本校長、
白井事務長も駆けつけて下さいました。
続いて、高松北消防署岡指令長から、
日頃から心がけておきたい
防災への備えについて
お話を伺いました。
参加者の皆さんは
熱心に聞き入っていました。
テントの下に
入りきれなかった皆さんは
傘をさしての参加です。
消防署からは
今年度配備された
災害時用の車両をはじめ
3台の出動です。
南警察署警備課
北消防署
消防南部分団
高松市上下水道局
災害時指定職員(高松市)
の皆さん
南警察署警備課
大西課長より災害発生時における
警察の担う役割等を
お話していただきました。
雨天用の装備で
準備万端です。
消防南部分団
宮武分団長も力の入った
ごあいさつです。
北消防署
生島署長より
本日〆のお言葉を頂き
地域における防災力強化の大切さを
皆で確認し合いました。
解散後、
参加者の皆さんはそれぞれ
実際に給水車を
見せていただいたり
警察車両に搭載された
災害時使用の資機材の
説明をしていただいたり
有意義な時間を共有
することが出来ました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松