栗林校区コミュニティ協議会
                             

秋の文化祭にむけて

●●秋の文化祭に向けて腕みがく●●

 11月に開かれる栗林地区文化祭に向けて、3つの講座がはじまりました。

 
   

【茶道教室】
 毎月3回のペースで開催されています。2回はお稽古、1回はお茶会で、どなたでもお茶を楽しむことができるように企画されています。
 講師は、裏千家の飯間純子先生。この日(19日)は、子育て中のお母さんと子どもさんたちがお茶席を体験しました。
 掛け軸、茶花の楽しみ方をはじめ、お作法を楽しく学習。お茶に親しむ人の輪を広げる場となっています。
【菊づくり】
 20日の菊づくり講座は、本年度の計画と、育て方のレクチャーからはじまりました。
 講師は、県園芸協会会長の溝渕芳市先生です。
 昨年度の文化祭に文字通り花を添えてくれた菊の鉢。今年は、さらにパワーアップして、美しい作品に育てあげようと、みなさん意欲満々です。
【写真教室】
 26日から10月にかけて10回の予定で企画された写真教室も、文化祭での作品展示に向けて始動しました。
 デジカメで撮った写真を、心に残る作品にするためのテクニックや、家庭でプリントアウトする時の、プリンター、パソコンの調整などをゆっくりと教えていただけるようで、受講者のみなさんも楽しみにしているご様子でした。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松