栗林校区コミュニティ協議会
                             

文化祭

 11月5日(土)と6日(日)は、コミュニティセンターの秋のメインイベントとも言える文化祭が、盛大に挙行されました。
 コミュニティセンター同好会で一年間研鑽を重ねた作品や演技を披露する文化祭。あいにく初日は雨に見舞われましたが、力作の数々を鑑賞するためにセンターに来館された方々は、2日間で1600人にも及びました。

 
   

 社交ダンスの華やかな踊り
 曲のジャンルを変えて、次々と複雑なステップを披露してくださいました
 詩吟同好会
 美しくよく通る声が、館内に響き渡りました
 絵手紙同好会の作品は、文化祭終了後、まなびCANにも展示されました
 絵手紙同好会の作品
 優雅な文字は、絵よりも美しいかもしれません
 斬新な印象の生け花の数々
 紙粘土同好会では、作品の展示即売もありました
 折り紙同好会
 折り紙の体験コーナーも設けられました
 地域の誰でもが出品できるフォトコンテスト
 来館者の投票で入賞が決定します
 川柳の作品
 さわやかコーラスの澄みきった歌声には、みなさん癒されました
 洋栽同好会の作品
 着物をリフォームしたり、工夫を凝らした作品が揃いました
 編みもの同好会の作品
 美しく編み目の揃った作品に、作品に対する愛情も編み込まれています
 大正琴では、レパートリーの広さに驚きました
 折鶴でできた菊の花
 1本に50羽の折鶴が使われています 
今年は、この菊を20本束ねて、東日本大震災の被災地へ送りました
 
 小学生の硬筆教室の作品
 コミュニティ講座のグラスリッツェンの作品
 
 グラスボールとプレートのコンビ
 環境部会と生涯学習部会が丹精込めて育てた菊の作品
 先生が手掛けた懸がい
 運動場では、婦人会によるバザーでにぎわいました
 社会福祉協議会による体脂肪と血圧測定のコーナー
 平和病院の看護師さんにもご協力いただきました
 
 バザーではおなじみの産直市
 新鮮な野菜と花の販売を地域のみなさんは毎年楽しみにしていらっしゃいます
 
 受付の模様
 栗林は地域の力に支えられていることを実感します
 和室で開かれているお茶会は、にじり口風の庭の入口からも入場可能
 小学生によるお運びが人気で、終始客足が止まることはありませんでした
 ギター同好会
 懐かしい曲が次々と披露されました
 花ノ宮句会による俳句
 フラダンスの華やかな演技
 こちらは子どもたちの元気なヒップホップダンス!
 館内には、スタンプラリーのポイントも設けられ、小学生たちが賑やかに巡っていました
 栗林銭太鼓のみなさんによる演技
 美しい傘に目を奪われました
 日本舞踊は、豊藤会とあゆみ会
 気功体操
 閉会式では、フォトコンテクト入賞者の表彰もありました
 閉会後は、コミュニティ協議会役員や各種団体の皆さんのほか、作品出品や演技披露のなかった同好会会員のみなさんも協力して撤収作業や原状回復作業を行いました
あらためて、栗林校区のマンパワーを心強く感じました

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松