屋島地区コミュニティ協議会
                           

屋島地区 新馬場自治会 「防災訓練」

 11月27日(日)午前9時55分、東海・東南海・南海地震が同時発生し、マグニチュード8.7の大地震が起き、屋島地区では震度5弱から6強の揺れが起き、甚大な被害が出ているとの想定で、防災訓練が実施された。
 主催は、新馬場自治会 世帯数300
19班 場所は相引川緑地公園(屋島ドライブウェイ付近)
子ども会、婦人部、青年部、壮年部、老人会の協力の下、206名の参加でそれぞれの役割分担をし、もしもの時?どう動くか?緊迫感あふれる訓練が行われました。

子ども達のポスター作品が参加の案内を呼びかけました。
班ごとに参加者の受付をします。 
救護所テント内で東北大震災の写真 防災グッズに見入る地域の皆様がた。 
日赤香川県支部屋島分会協力のハイゼックスの炊き出し体験。 
肩を貸して救助する方法・毛布で担架を作る方法等訓練の前に高松市東消防署の担当官から事前説明。
 11月11日に女性消防団全国大会が高松市で開催されました。高松市女性消防団員38名の内郷土屋島地区から3名の方が新しく入団され、この日早速訓練の成果を発揮して頂きました。頼もしい皆さんで男性消防団の方々と共に地域の為今後ボランティアで活躍して下さいます。
三角巾をお互いの頭や肩に巻く練習です。
子ども達から高齢者まで全員で水消火器を使って火を消す訓練。
一通り訓練の後、東消防署、日赤香川県支部、消防団屋島分団の長各位から非常時に備える訓練の大切さを話して頂き、講評を終えました。
最後に新馬場自治会小川会長の挨拶があり、この日の訓練すべて無事終了致しました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松