二番丁地区コミュニティ協議会
                           

防災訓練〜いのちを守る二番丁方式〜

 二番丁地区では、10月2日(日)、震度6弱の地震が発生したと想定した防災訓練を行いました。各自治会ごとに、一次避難場所に集まり、安否を確認後、訓練場所の新番丁小学校へ徒歩で集合しました。参加者は、地区住民や各団体などで約600人。

 今年は、救出の優先順序を決めるトリアージ訓練や避難所開設訓練にも取り組み、住民の防災意識を高めました。

 
   

一次避難場所より小学校へ移動中の住民。高松北警察署は、沿道の警備を担当。
石田コミュニテイ協議会会長の開会宣言。
集合後、自治会ごとに整列。
昨年結成した女性防火クラブもはっぴ姿で活躍しました。
水消火器による消火訓練。
毛布での応急担架作りの訓練。
女性防火クラブによる、毛布でのガウン作り実演。
わかりやすく、ためになると好評でした。
AED操作の訓練。
住民の連帯感を強めるバケツリレー。
写真撮影コーナーでは、かわいいちびっこ日赤救助隊が登場!
避難所開設訓練では、まず、体育館入口で避難者を受付。
避難者リストを作成し、掲示。
体育館では、実際に段ボールの仕切り板を組み立て、自治会ごとに割り当てられる広さなどを確認しました。
起震車が作る震度6弱の地震では、身動きが取れないような揺れの大きさを体験しました。
炊き出し訓練のうどん
閉会式では、高松北消防署長の講評をいただきました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松