栗林校区コミュニティ協議会
                             

THE 夏まつり栗林 2011

 夏休みも終盤の8月27日(土)16時30分より、恒例の 「THE 夏まつり栗林 2011」が盛大に開催されました。
 台風の影響から、早朝の準備は雨の中での作業でしたが、開催時刻にはすっかり晴れ上がり、これまでの最高の約1万人の地域の方々が栗林小学校の校庭に集まり、お祭りを楽しみました。
 コミュニティ協議会のすべての団体が協力して企画運営にあたるこの行事、毎年何回も実行委員会で協議を重ね、この日を迎えます。

 オープニングに先立ち、お祭りのムードを盛り上げたのは、栗林小学校の児童手作りの子どもみこしです。
 三基のみこしと山車が1台、校区内を練り歩き、大きく元気な掛け声が遠くまで響きました。
 桜町中学校 吹奏楽のファンファーレで始まったオープニングセレモニー。コミュニティ協議会 多田会長の挨拶のあとは、桜町中学校吹奏楽部の素晴らしい演奏でひと時音楽を楽しみました。
 会場では、栗林小学校児童のボランティアがたくさん活躍しました。各ブースのお手伝いをする児童や、場内の清掃を担当する児童。そのほか、東日本大震災への募金活動も、開催中ずっと行われ、温かい心が寄せられました。
 ステージでは、主にコミュニティセンターで日ごろ練習を重ねてきたみなさんの演技が次々と披露されました。
 これは元気なヒップホップダンス。ポーズがキマッてます!
 コーラスの済んだ歌声。素敵です。
 今年初参加のステップ21、
健康づくりには
無理のない運動が1番。
音楽に合わせて体を動かしましょう!
 あでやかな踊り。おそろいの衣装も粋でかっこいい。
 たくさんのお店も並びました。
 汗だくになって、みんなにおいしい焼き鳥を提供してくださった体育協会のメンバー。お店は大繁盛!
 コミュニティ協議会のまちづくり研究部会は、楽しいサッカーボウリングのあそび物屋さんを準備してくださいました。
 スーパーボールすくい。
 お祭りのクライマックスは恒例の大抽選会。
 会場入り口で引換券と交換してもらった番号札を持って、沢山の来場者がステージ前に大集結。栗林小学校PTA会長の進行で、コミュニティの役員さんが次々と当たり番号を引いていきます。
 今年も自転車や扇風機などの豪華景品が当たりました。
 
 楽しくにぎやかなお祭りのあとは、大勢の人たちがきびきびと後片付けをしました。また、片付けは翌日の朝も行われ、最後まで地域の力が結集した行事でした。みなさん本当にお疲れ様でした。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松