屋島地区コミュニティ協議会
                           

屋島地区3館合同バスツアー(コミセン講座)

 屋島地区のコミュニティセンター3館(屋島・屋島西・屋島東)の合同バスツアーを過日8月24日に実施しました。西部クリーンセンター、四国新聞印刷センターNews Flowを訪れました。参加者は小学生親子が13組、そして環境問題に注目している4人とセンター職員3名の計44名です。
 ごみ問題と切り離しては考えられない現在の私たちの生活。分別されたゴミがどのような過程で処理されているのか、リサイクルの現状はどのようなものなのかを、じっくりと学ぶ貴重な体験でした。
  

 西部クリーンセンターでは職員さんによりゴミ処理の流れを丁寧にご説明いただき、そして施設内を実際に見学し、私たちの家庭から出たゴミがどうなって行くかを学習しました。 
 『分別クイズ』グッズが用意され、小学高学年生が、頭を悩ませながら、準備された様々なゴミを分別しました。ほとんどが正解でした。おみごと!
 ゴミ回収車内から可燃ゴミピットに移されたゴミ。それをつかむクレーン。焼却炉へ運ばれます。私たちの出したゴミはこのように処理されていきます。
 こちらは、不燃ごみをつかむクレーン。この前の工程では、職員さんの手作業で、資源ごみ、危険物などの分別が行われます。
 第2の見学地『四国新聞印刷センターNews Flow』では、刻一刻と移りゆく社会情報を載せた紙面がどのように各家庭に届くのかを学びました。最新鋭の機器を導入しており、1時間45分で21万部の新聞を刷り上げるとは驚きでした。
 施設内の撮影が禁止されていたため、最後に一枚、みんなで記念撮影。
 2施設の見学後、さぬきこどもの国で楽しい時間を過ごしました。夏休みも残りわずかとなった小学生・幼児のみなさんは元気に走り回り、帰りのバスの中では、すやすやと眠る姿がほほえましかったです。みなさん、お疲れ様でした。
 



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 最後にひとこと。ゴミは極力ださないことを念頭に日々の生活を送りましょう。そのためにできること、私たちひとりひとりが考えてみたいですね。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松