栗林校区コミュニティ協議会
                             

ダンボールであそぼう!

 7月21日(木)13時から15時まで、栗林小学校体育館では「ダンボールであそぼう!」が、にぎやかに開催されました。
 家やお店にたくさんあって、資源ごみとしてリサイクルされるダンボール。その前に、それを使って楽しく遊んでみようというこの行事は、青少年健全育成協議会が企画し、子ども会育成連絡協議会や社会福祉協議会はじめ、コミュニティ協議会の多くの構成団体などの協力で行われました。

 大・中・小三つのダンボールハウスは、組み立てが簡単。地域の方のご指導で、子どもたちで組み立てました。

 愛らしいハムスターは、精巧な作り。
 みんな頑張って上手に作れました。
 ダンボール製の平均台。たくさんの子どもたちが一度にたくさん乗っても大丈夫な、とても頑丈な作りです。
 両側から進んで真ん中でじゃんけん。大きな歓声が上がります。
 これは、高松第一高校の美術部によるキューブパズルです。25個のキューブをうまく並べると、おなじみのキャラクターが完成!全部で6種類の顔が描かれています。
 パズルを縦に積み上げて、完成させては倒して壊す子どもたち。
 ダンボールのカエルの口に、段ボールでできた玉をうまく投げ込むと、カエルの目玉が動きます。
 ダンボールで自由にすきなものを作るコーナー。
 大きいものから小さいものまで、みんな思い思いのものを作っていました。カッターナイフや、ダンボールカッターも、気を付けながら使いました。
 ダンボールを丸く切り抜いて作ったオセロ。
 運動会でおなじみのキャタピラで会場を疾走。
 子どもたちと大人併せて約300人の楽しい2時間は、またたくく間に過ぎました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松