栗林校区コミュニティ協議会
                             

交通事故抑止緊急該当キャンペーン

 4月20日(水)午前7時30分〜8時、栗林公園東門前で、交通事故抑止のための無言キャンペーンを行いました。
 4月になって相次いで発生した交通死亡事故に伴い、香川県交通安全県民会議が高松市に対して発令した「交通事故多発ブロック警報」に対応して、コミュニティ協議会の各団体の有志約80名が緊急に集まり、実施したものです。

 栗林公園東門前は、高松でも有数の交通の要所。毎朝、相当の数の車が往来します。
 交通安全母の会、老人クラブをはじめ、たくさんの方が集結し、真剣な表情で30分間立ちました。
 心を籠めて、交通事故根絶を願いました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松