松島地区コミュニティ協議会
                             

防犯カメラ付緊急警報装置運用開始式

4月3日(日)松島地区内「新開東公園」で防犯カメラ付緊急警報装置運用開始式がありました。式典には「香川県警察本部」「高松北警察署」から5名のご来賓と地元から、多くの子ども会関係者、自治会関係者が出席して盛大に行われました。

始めに主催者「松島地区コミュニティ協議会、熊会長」から挨拶がありました。
ご来賓を代表して「高松北警察署、河合署長様」から挨拶を頂きました。
今回の「防犯カメラ付緊急警報装置」は公園7箇所、市道1箇所、合計8箇所に設置されました。
代表して振興自治会、七條会長に
防犯カメラ管理委託鍵の授与がありました。
大勢の参加者が見守る中、デモンストレーションが行われました。
不審者(画面中央)が子どもに声をかけています。
一人が防犯ボタンを押しにきました。
通報で駆け付けた警察に地元協力者(駆け付け隊)が事情聴収を受けています。
防犯カメラは24時間作動しています。防犯ボタンを押せば、赤色ランプ(画面右のポール上)と警報が作動します。
式典の最後に「松福子ども会、市原大雅君」からお礼の言葉がありました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松