屋島地区コミュニティ協議会
                           

「 亥の子搗き 」

屋島では、旧暦十月初亥の日にわらで作った「亥の子槌」で大地を打ちながら家々を廻り、無病息災、五穀豊穣を祈り報恩感謝する千数百年前から伝わっている民族行事があります。現在は新馬場、東山地の両自治会だけになりましたが、11月6日、11月7日に行われました。小さいときから参加しているので、お亥の子さんのさばきも上手です。

 
   

「新馬場」小川会長宅の前で
子どもたちを励まします。
みんな、子どもの時から地域の
伝統行事に参加しています。
囃子唄を歌いながら調子を合わせ、お亥の子さんを搗きます。
こちら「東山地」のお亥の子さんは、色、いろいろです。
「おはようございます!」と玄関で元気よく呼びかけます。
搗き終わって、うれしい御祝儀がわたされ、にっこり (*^_^*)

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松