二番丁地区コミュニティ協議会
                           

防災訓練「いのちを守る二番丁方式」

〜自分たちの町は自分たちの力で〜

 平成22年10月31日(日)、地震を想定した防災訓練を行いました。
 二番丁地区の全自治会、各種団体から約600人が徒歩で、避難場所の新番丁小学校に集合。
 二番丁コミュニティ協議会 石田会長の元に、9月に新結成された「女性防火クラブ」も集結し、自主防災会に加えて地区内の自主防災の啓蒙活動などに活躍します。

 二番丁地区では、住民たちが3年に渡り実際に歩いて調査した「防災マイ・マップ」も、香川大学の協力を得て7月に完成。自主防災に対する意識や連携も強まりました。

 
   

各自治会ごとに指定された一時避難場所に集合し、人数確認
沿道の警備も地区住民
徒歩で会場の新番丁小学校へ
受付
開会式
香川大学の学生も参加
医師・看護師による負傷者応急手当訓練
応急担架の作り方訓練
負傷者搬送救出訓練
てんぷら油火災の消火訓練
消火器による消火訓練
水消火器による消火訓練
バケツによる消火リレーには、小学生も参加
放水訓練
起震車による地震体験
心肺蘇生AED操作訓練
炊き出し訓練
今年は、うどん!
非常用のビスケットとアルファ米の入った参加記念品の配布
「防災マイ・マップ」
二番丁コミュニティ協議会発行

地震・津波・高潮・豪雨災害ごとの避難計画に役立ちます。
お問合せは、二番丁コミュニティセンターまで

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松