屋島地区コミュニティ協議会
                           

「屋嶋城」現地説明会

高松市教育委員会主催 古代山城日韓シンポジウムの開催を受けて翌日の10月17日 (日) ご当地山城 「屋嶋城」を一人でも多くの市民の皆様に知って頂く事を目的に現地説明会が行われました。
約200名の方が参加。 関連史跡を巡りました。

 
   

秋の遍路シーズンでもあり 84番 札所「屋島寺」も朝の賑わいを見せていました。
城の外郭線のほとんどは 屋島の急峻な断崖を利用した自然の要害で、人工構造物のある南嶺の西側の石塁と土塁も見て回りました。
南嶺地区の城門 平成26年度保存予定に向けて整備中であり、ビニールシートで覆われいますが概観は掴めます。現在工事中で通常一般の出入りはできませんが状況により又新たな成果があれば折々現地説明会など実施予定とのことです。
韓国の山城でも発見された敵侵入時に投げる武器として使用されたと思われる安山岩も屋島の土中から出てきました。
韓国の古代山城研究の第一人者車(ちゃ)教授が指摘され、韓国と共通構造の懸門(けんもん)などの城門と城壁の想像図。古代への翼が広がります。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松