太田南地区コミュニティ協議会
                             

平成21年度太田南お達者会の開催

平成22年3月7日(日)に平成21年度太田南お達者会が太田南地区在住で、一人住まい高齢者93名を招待して、地域の各種団体にて構成した実行委員35名ならびに演芸出演者71名が参加して開催されました。古澤実行委員長から、一日を楽しく過ごしていただきたい旨のご挨拶をされました。

来賓を代表して、十川市議会議員
が、国政の変化に影響されている市政の状況について報告をしてくれました。
演芸のトップは、太田南小学校の
合唱部46名による合唱「りんごの歌」「青い山脈」「あなたにありがとう」で、会場に和やかな雰囲気が生まれました。
太田中学校の合唱部6名が「旅立ち」「崖の上のポニョ」をさわやかな声で熱唱してくれました。
太田南部地区喜楽会の大正琴同好会の7名が先生と一緒に「荒城の月」「さくら変奏曲」他を演奏してくれました。演奏に合わせて参加者も楽しく歌いました。
太田南カラオケ同好会から、藤本
さんが「雨のタンゴ」を熱唱しました。
太田南カラオケ同好会から、藤沢
さんが「父娘坂」を熱唱しました。
太田南地区の住民で讃岐奇術クラブに所属している図師さんが常に磨いている技を披露してくれました。
讃岐奇術クラブから、施設訪問等でご活躍されている中塚さんが得意技を披露してくれました。
地元のフラダンスチーム“ミズ・マノア”の4名が「ヘポラニ・マカマエ」「ハナ」を熱演してくれました。
太田南地区コミュニティ協議会福祉部会員12名が、「瀬戸の花嫁」「ああ人生に涙あり」を熱唱しました。コミュニティセンターで何日も練習してきた成果が発揮された合唱でした。
太田南新舞踊同好会の上砂さん・中北さんによる舞踊「序の舞恋歌」はお二人のいきがぴったりの熱演でした。
演芸の最後は、太田南新舞踊同好会の宮脇さんによる舞踊「日本の夜明け」でした。その後は、実行団体の紹介と昼食をいただきながら、懇親の場として楽しく過ごしていただきました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松