屋島地区コミュニティ協議会
                           

『赤十字事業体験バス』

 平成22年1月26日(火)屋島地区婦人会37名が『赤十字事業体験バス』に参加しました。
赤十字の施設見学や講習会、赤十字を実際に「見て、聞いて、触れて、感じて」体験を通じて、赤十字事業への理解と知識を深めた1日でした。

まずは、「炊き出し準備 非常食体験」から。
洗った米1合と同分量の水を袋に入れ、空気をぬきながら輪ゴムで口を固く縛ります。
沸騰したお湯の中で、30分間煮ます。
なべから出し5〜10分むらします。さあ、出来ましたよ、
「こんなにうまく炊けるんやねー」
風呂敷がリュックサックに早変わり!
パンティストッキングが、丈夫な貴重品入れになります。
配給の゛毛布爐鯔百着に。
献血バスでの説明
血液型別に色分けして確認しやすいよう、保存されています。今、AB型が不足しているそうです。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松