男木地区コミュニティ協議会
                                 

干しタコ作り体験を行いました!

1月27日(水)に、男木中学校にて、世代間交流学習として、干しタコ作り体験を行いました。 男木で取れた新鮮なタコを使い、老人会長さんらのご指導のもと、子供たちも普段出来ない貴重な体験に大いに盛り上がりました。

干しタコをつっかえる竹を削る所から始まり、「こうヒザのところをうまく使うとやり易いんんじゃ・・・」など、コツをご指導いただきました。
タコの捌き方にもコツがあり、学生さんも最初は慣れない事に戸惑いながらも、徐々に調子が出てきました!
竹を使って上手に広げて形を整えます。
まだ、吸盤が張り付き整えるにもかなり、真剣です。
くお見事!干しタコが綺麗にセットされました!
後は、しばらく風通しの良いところで乾燥させできあがりです。
これは出来上がったらかなり、進みそうですねぇ(笑)
最後は校長先生より「伝統的な素晴らしい作業も体験できました。それだけではなく、事前の準備をしていただいたことやご指導いただいたことにも感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。」とお話をいただき、無事終了しました。
美味しく出来るのを心待ちにしましょう!お疲れ様でした〜

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松