庵治地区コミュニティ協議会
                               

男女共同参画講座〜介護にもさんかくの風を〜

  男女共同参画講座≪センター講座・女性教室≫を開催

1月16日(土)、お孫さんを含め、約30名の男女が参加し、
男女共同参画センターの高松ゆめ一座さんによる寸劇を鑑賞。
楽しい劇を通して、介護のあり方を勉強しました。

  ※男女ともに、協力し合って、介護をしましょう

  ※認知症の人でも、人権を尊重して、接しましょう

 
   

 ゴミステーションで、
認知症のおばあさんがさんが、違う分別ゴミを出し、
近所の噂になります。
 地域包括支援センターにも
相談し、おばあさんの認知症を再認識。
 家族が話し合いをします。
 最初は非協力的だったお父さんも、大事に育ててくれた母を思い出し、介護休暇をとり、 

家族皆で、おばあさんの世話をしようとなりました。
≪一方観客席では≫
お孫さんも、じっと見ています
劇が終わり、手話を取り入れ、
〜さんかくの風になって〜を歌いました。
(千の風になっての替え歌)
 次に認知症予防体操をしました。
指先を動かすのが認知予防になります。
肩甲骨を動かす体操は心臓に良いそうです。
 一番大切なのは、笑って前向きに!
ゆめ一座の座長さんからも、ひとりで抱え込まないで、包括センターなど公の機関に相談しながら、家族で協力し合いましょうという話がありました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松