庵治地区コミュニティ協議会
                               

史跡探訪 Part 

 11月14日(土)9時30分にコミュニティセンターを出発。心配された夜来の雨もあがり、素晴らしい青空のもと、男性5名、女性11名で、渡辺 寧さんに案内をしていただき、今回は地元庵治町を散策しました。当初、午前で終了の予定でしたが、参加されたみなさんの希望で、時間を延長し午後2時すぎまで楽しみました。来年の計画もみなさんがしっかり立ててくださいました。
  画像は≪城岬(しろばな)公園≫

   ≪ やすらぎの道≫
    さすが!石の町!!
 数々の石の彫刻が展示された
 遊歩道。
 小学校入学記念に子どもたちが描いたものが、彫刻、色づけされています。
    ≪純愛ロード≫
「世界の中心で愛をさけぶ」のロケ地になったことを記念して、
プロポーズの言葉コンテストが行われ優秀作が石版に彫刻され、埋め込まれています。この二人はカップルではありません(^◇^)
 波が穏やかなため、平家が船を 隠した≪船隠し≫
     ≪船隠し海岸≫
 この海岸では、天然の桜貝がとれます。
 船隠し海岸から≪創造の森≫へ
    ≪創造の森≫
 魚見台から、庵治漁港を見、
魚群を知らせる漁法は昭和40年ごろまで行われていました。
  ≪創造の森≫
 赤や黄色の落ち葉の
絨毯の上を、木漏れ日を浴びながら、心地よい汗をかきました。
  ≪創造の森≫
 素晴らしい紅葉と屋島
  ≪創造の森≫
 ゆっくり散策しながら小一時間の、整備された素晴らしい散歩コースです。
 ≪創造の森≫を抜け、すぐ近くにある
  ≪丸山親水公園≫
昼食をとりました。
 昼食後、湯谷地区を散策。
西天神の中にある
 =管公腰石=
 昔、菅原道真公がこの地に立ち寄られた際、海が荒れ、この石に腰掛けて、天候が回復するのを待ったといわれています。
湯谷自治会館にある、
 ≪金毘羅灯篭≫
今の灯台のような役目をしていました。昔はこの中に火をともし、海岸や、山に置かれ、船や旅人の道しるべとなったそうです。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松