むれコミュニティ協議会
                               

ゴミゴミ・パラダイス

ワークショップ『ゴミゴミ・パラダイス』

11月8日(日)主催:源平の里アートビレッジ推進協議会,「夢励人プロジェクト」プロデュースで源平の里「庵治・牟礼・屋島」アートビレッジART FESTA芸術祭 ワークショップが,講師に女流画家・伊藤 修子(のぶこ)先生をお迎えして夢励人役戸ギャラリーで開催されました。
まわりにあるいらなくなったもの(ゴミになるもの)を使って思い思いのかたちあるものを作る。自由な発想と想像で,みんなの思いが集まって自由に飾って夢のパラダイス,巨大な森の誕生です。

普段,捨てられているゴミ。
たくさんあって,どれにしようか選ぶのが大変です。
私は,ペットボトルにしようかな??
絵具をつけて,手形・足形・・・
服につけないように気を付けないと!
空き箱を使って,ロボットを作ろうかな??
できあがった作品の展示スペースです。
ゴミからみんなが集まる森のパラダイスが誕生しました。
最後にシャボン玉を飛ばして遊びました。
「夢励人」とは・・・
「夢に励んでいる人・・・夢を励ます人…」という意味です。
プロジェクトは、〜人が元気になれば、町も元気になる〜。町を「夢励人」でいっぱいにしたいと思っています。
芸術・文化を媒体に感性を育み、個性づくり、夢づくりの応援をしていく支援団体として活動を続けていますので,今後とも,よろしくお願いします。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松