太田地区コミュニティ協議会
                             

太田地区防災訓練

9月5日(土)高松市立伏石中央公園にて、太田地区コミュニティ協議会主催による『太田地区防災訓練』が行われました。
消火訓練、土のう積訓練、起震車体験、などのほか“防災グッズの展示”などもありました。

昨年結成された「太田地区自主防災組織連絡会」からも、25自主防災組織の参加がありました。まだ結成されていない自治会にも、自主防災組織の結成を呼びかけています。
高松市水道局職員の“飲料水兼用耐震式貯水槽の取扱い方”の説明は、とても熱心に聞いていました。
香川県自動車整備振興会・JAF香川支部のご協力による“マイカー点検教室”には、たくさんの希望者がありました。車のトラブルを未然に防ぐため、しっかりと点検していました。
管理棟内では、“応急手当訓練”AED(自動体外式除細動器)の説明と取扱い方を体験しました。
高松市赤十字奉仕団太田分団、太田・中央交通安全母の会、太田・太田中央婦人友の会による“炊き出し訓練”(無洗米を使ったカレーライス)500食がふるまわれました。本年は、宝くじによる「地域防災スクールモデル事業」の指定を受け、費用の助成を受けました。
最後は、高松市南消防署太田出張所職員・高松市消防団太田分団による“一斉放水訓練”でした。参加者の皆様大変お疲れ様でした。ないにこした事はありませんが・・・この訓練の体験を「いざ」の時に役立てて下さい。


前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松