植田校区コミュニティ協議会
                                   

陶芸教室

7月23日(木)
陶芸教室をしました。
1人1kgの粘土を使って、好きな形を造ります。
子供から高齢者まで幅広く参加してくれました。
三世代で交流しほのぼのとした講座となりました。

粘土と粘土のくっつけ方や
焼き上げの時にひびが入らないようにする為の注意を先生から教えてもらいました。
せっかく作った作品にひびが入らないように、皆さん一生懸命先生の話を聞いていました。
「お母さんできた?私ぬってあげようか?」と家族分のお皿を一緒に作ったり、友達の作品を見ながら、「それいいね!私もまねしよう!」と楽しく作れました。
粘土の上に絵を描きますが、仕上がりの色がよくわからないので、どんな作品になるか、出来上がりに期待を膨らませながら、作りました。
粘土の時は柔らかい状態でしたが、焼きあがるとしっかりとした重みのあるお皿になりました。
残った粘土で、置物を作っていました。
かわいい置物ができて、満足顔でした。
大好きな「ねこさかな」の絵本を参考に、絵を描きました。
ほのぼのとした色合いに出来上がり「ルンルンするわ!」と言って喜んでいました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松