二番丁地区コミュニティ協議会
                               

二番丁地区 避難所運営訓練

 災害時避難所の新型コロナウイルス感染症対策が課題となる中、地区自主防災会と女性防火クラブが中心となって、防災訓練を実施しました。

☆日 時:2020年9月26日(土) 9時30分〜11時30分

☆場 所:新番丁小学校 体育館

 受付ではマスク着用はもちろん、検温をはじめ健康チェックリストの記入など、今までとは違い健康状態のチェックが入念に実施されました。
 また、体育館の中では、3密回避に向けたスペースの確保のため、ライン曳やパーティションの設置をしてみました。

 
   

 最初に参加者たちにマスクの着用と手指消毒を呼び掛けました。
 受付では、検温と健康チェッックを行いました。
 その後、避難者カードを記入してもらいました。
 開会式と訓練内容の説明がありました。
 
 各グループに分かれて、避難所設営を開始しました。
 過密にならないようにテープで区画表示しました。
 各班長の指示を受けながら、参加者たちは手際よく作業を行っていました。
 
 マスコミからの取材もあり、新型コロナウイルス感染症対策に留意した防災訓練は関心も高いようでした。
 想定していた時間よりも早く設営することが出来ました。
 「訓練に参加して、実際にパーティションを組み立てるなど体験することが大切だと感じた」といった参加者の声も聞かれました。
 支援物資を配布して訓練を終了しました。
 感染症対策の避難所設営の手順を確認し、円滑に訓練を行うことができて有意義な時間でした。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松