二番丁地区コミュニティ協議会
                               

防災研修「災害時の避難体験」

 体育館のステージに模擬的に作られた障害物の中を、夜を想定しての歩行、負傷者や目のい不自由な方を想定して避難する体験をしました。

☆日時:2020年2月17日(月)
     19:00〜21:00
☆場所:新番丁小学校 体育館

☆講師:高橋 真里さん
    (香川大学四国危機管理教育・
      研究地域連携推進機構
            技術補佐員)

☆主催:二番丁地区自主防災会・
          女性防火クラブ

 避難経路を塞がない家具の配置など、家の中の安全対策やあると便利な備蓄品を話し合いました。
 
 参加者たちは、アイマスクを着けて目の不自由さを体験し、声をかける大切さを実感していました。
 また、手足を負傷した場合では、安全・安心な誘導の手順などを確認していました。
 助け合って避難することや日頃の備えの大切さを体験を通して多くの気づきがあり、有意義な研修となりました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松