二番丁地区コミュニティ協議会
                               

ふれあいもちつき大会

 二番丁地区の師走の恒例行事「ふれあいもちつき大会」を開催しました。

☆日 時:2019年12月21日(土)
       10:00〜12:00

☆場 所:新番丁小学校

☆主 催:二番丁地区社会福祉協議会

 三味線もちつきでは、子どもから大人までかわるがわる餅をつきました。

 二番丁子ども獅子による地域に伝わる獅子舞を披露しました。
 迫力ある華麗な舞に観客から大きな拍手がありました。
 体育館では、老人クラブの皆さんと新番丁小学校の子どもたちとの昔遊び交流会がありました。
 カルタやこま回しなど一緒に遊んで楽しい時間を過ごしていました。
 作業場の民生委員さんたちが、入念な消毒とマスク・キャップを着用して、つきたてのお餅を丸めていきます。
 
 
 誕生祝い餅が始まりました。
 会場の人の手拍子の中、一升餅を背負い幼児たちが歩きました。
 地域のみんなで子どもたちの健やかな成長を温かく見守ります。
 その後、筒井茂広さんたちの津軽三味線の演奏や池田弥生アナウンサーの民踊披露もあり、会場を盛り上げました。
 日赤奉仕団の皆さんによるぜんざいの接待がありました。
 手間を惜しまず心を込めて作っています。
 
 ぜんざいのお代わりもできて、毎年おいしいと大好評です。
 参加者には、つきたてのお餅も配られました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松