二番丁地区コミュニティ協議会
                           

夏休み子ども講座

 暑い夏も先生や友だちと、楽しく勉強しながら元気に乗り切りました♪

☆鈴虫教室【7月22日(月)】

☆講 師:大西 一さん(高松鈴虫研究会)

 鈴虫と触れ合うことで命の大切さと自然を愛することの大切さを学びました。

☆書道教室【7月24日(水)】

☆講師:熊野 優子さん
       (書道同好会講師)

 自分が納得するまで何度も書き直し、お気に入りの作品が出来るまで頑張りました。
☆子どもおにぎり教室
      【7月27日(土)】

☆講師:食育改善推進員の皆さん

 おにぎり弁当作りに挑戦しました。
 自分で作ったおにぎり弁当は、味付けは難しかったけれど、かわいく美味しそうに仕上がり、子どもたちは大満足した様子でした。
☆絵と工作
  【7月29(月).30日(火)】

☆講師:平野 年紀さん
          (造形作家)

 先生にアドバイスをいただきながらみんなの個性を生かした自信作が出来ました。
☆子ども防災教室
       【8月7日(水)】

☆講師:高橋 真里さん
 (香川大学 四国危機管理教育・
     研究地域連絡推進機構)
    香川大学生の皆さん

 段ボールのプライベートスペースや簡易トイレを作りました。
 非常食クッキングでは、お菓子を使ったポテトサラダ、おにぎりなどを作りました。
 どれもおいしかったと大好評でした。
 また、自宅内の危険箇所の確認をしたりと、とても為になったようです。
☆にこみん寺子屋 
【8月19日(月)・20日(火)】

☆主催:二番丁地区青少年育成
          連絡協議会

 教員経験者やインターシップ香川大学生等の指導を受けたり、アドバイスをもらいながら、子どもたちは夏休みの宿題の一部を完成させました。
☆親子の楽しいクッキング教室
      【8月24日(土)】

☆講師:食育改善推進員の皆さん

☆メニュー:ジャージャー
           そうめん
       チンゲン菜と卵の
            スープ
       やさいグミ
 今年は休日の昼食をテーマにバランスを考えた麺料理を作りました。
 子どもたちは積極的に材料を切ったり、炒めたりするなど家庭ではまた違った一面を見せていたようです。
 親子で楽しみながら調理を行っていました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松