二番丁地区コミュニティ協議会
                           

防災料理教室

 長期保存の利く乾物などの食材を使って、簡単でおいしい非常時の食事作りを学びました。

☆日 時:平成31年1月10日(木)
       10:00〜12:30

☆講 師:平山 文子さん(栄養士)

☆メニュー:高野豆腐の味噌そぼろ丼
        とろろ昆布と梅干しの
              簡単スープ
        しょうゆ豆
        納豆のおやき

 参加者は、女性防火クラブ、日赤奉仕団、地域住民有志の皆さんです。
 避難所生活では、心身にストレスが加わると「疲労臭」に悩むことがあります。
 今回は、疲労臭予防に効果のあるクエン酸の「梅干し」とイソフラボンの「納豆」も取り入れた献立です。
 コミュニケーションを図りながら、各班分担を決めて手際よく調理していました。
 食料などの支援物資の行き届かない事態に、家庭にある身近な食材を使って、おいしい料理がすぐに食べられると嬉しいですね。
 「子どもが病気で買い物に出掛けられなかった時に、前回の防災料理教室で学んだ料理が役立った!」といった声もありました。
 非常時に備えて、家庭で長期保存できる食材を常備しておくと何かと便利です。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松