林地区コミュニティ協議会
                                   

第36回林地区文化祭

平成30年10月27日(土)、28日(日)の二日間にわたり、第36回林地区文化祭を開催しました。
数日前までは雨予報でしたが、当日は気持ちのいい秋晴れ。急きょ屋外にステージを設置し、開会式とオープニングイベントを秋空の下、華やかに行いました。

オープニング最初の登場は林小学校合唱部のみなさん!「世界がひとつになるまで」「YUME日和」の2曲を披露してくれました。美しいハーモニーが会場を包みます。
中村トシヤさんのハーモニカ演奏。抜けるような青空に、澄んだ音色が吸い込まれていくようでした。懐かしい曲からジブリメドレーまで、会場の皆さん聞き入っていました。
オープニング最後は、ほろろ一座 夢錦の皆さんによるよさこいです。迫力満点のステージは、見ているこちらまで元気になります。
学習発表会の最初を飾ってくれたのは、大正琴クラブのみなさんです。息を合わせた演奏で、練習の成果を披露してくれました。
プア・ミキノリア(フラ)のみなさんです。笑顔で踊る姿がとても素敵でした。子どもたちによるかわいいダンスもありました。
林ヴィーナス(オカリナ)のみなさんです。オカリナの優美で繊細な音色が、秋の風に乗って響きます。
日舞同好会のみなさんです。曲に合わせて、みなさんそれぞれ趣向の違う踊りを披露してくれました。
パドマ・サリ(バリ舞踊)のみなさんです。素敵な衣装で、異国情緒たっぷりのステージを披露してくれました。
毎年人気の野菜の販売。
お買い得です!お見逃しなく!
おはぎや炊き込みご飯もありますよ。
講座「編み物を楽しもう!」とキッズくらぶの子どもたちによる草木染めの作品です。
講座「大人の硬筆教室」は、来年度から同好会になることが決まっています。
絵手紙や俳句、凧などたくさんの作品で館内が華やかに彩られました。
27日の体験講座では、クラフトでかわいいカゴを作りました。一見難しそうですが、やってみると実は意外と簡単なんです。
お茶席での一服。地域の子どもたちもたくさん来てくれました。きちんと正座して、お茶とお菓子をいただきます。
28日はちぎり絵の体験講座がありました。はじめてでも丁寧に教えてくれるので、みなさんなかなかの出来栄えでした。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松