二番丁地区コミュニティ協議会
                               

第30回 二番丁地区 夏まつり開催

 今年で30回目を迎える「二番丁地区 夏まつり」が開催されました。
 連日猛暑が続く中、会場では暑さに負けじとステージで繰り広げられるアトラクション、各種団体のバザーなどに多くの住民や家族連れでにぎわいました。

☆日 時:平成30年7月21日(土) 午後4時50分〜8時30分

☆場 所:新番丁小学校 運動場

☆主 催:二番丁地区コミュニティ協議会

☆主 管:二番丁地区体育協会

 
   

 新番丁小学校金管バンドの演奏で、夏まつりスタートです。
 続いてバザーも開店。
 浴衣の子どもたちにはプレゼントがありました。
 起震車コーナーでは、予想される南海トラフ地震と同じ揺れを体感していました。
 日頃から防災意識を心掛けましょう。
 
 扇町保育所、二番丁幼稚園の子どもたちによる歌と夏おどり。
 笑顔いっぱいの表情で、練習の成果を発揮させていました。
 
 
 
 八幡神交会が威勢よく掛け声を上げながら神輿を担いで登場。
 
 二番丁キッズダンス、さくらんぼ隊の子どもたちは、そろいの衣装で躍動感あるダンスを踊りました。
 南国ミュージックで優雅に踊るフラダンス。 
 雅千桜会のさぬき盆踊りでは、観客も輪に入って一緒に踊りました。
 二番丁子ども獅子保存会は、力強い獅子舞を披露。
 
 
 
 
 初企画の大声コンテスト。
 子どもたちが一生懸命に大声を出す姿に、会場からも大きな声援が送られていました。
 
 
 子どもたちの大好きなウルトラクイズが始まりました。
 最後まで正解した人は、景品がもらえました。
 
 
 夏まつり最後は、紅白福もち投げで会場は一層盛り上がり、多くの人たちがもちやお菓子、景品を手にして名残りおしみながら帰途につきました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松