太田南地区コミュニティ協議会
                             

滋賀県野洲市安治自治会と太田南地区東川ブロック自治会交流会

平成29年11月11日(土)14:00より、東側自治会館において、滋賀県野洲市安治自治会と太田南地区東川ブロック自治会交流会を行いました。

この交流会は、高松市連合自治会連絡協議会を通じ、積極的な自治会活動を行っている地域への視察の依頼があり、太田南地区でお引き受けし、実現したものです。

 
   

バスで遠路お越しいただいた、安治(あわじ)自治会の7名の皆様。
安治自治会は130世帯ほどの自治会で、人口378名に占める0〜14歳の割合は8.1%と低く(小学生が11名、中学生が6名ほどとのこと)急速な人口減少や高齢化率の上昇に伴う自治会運営に対する危機感は、我々も将来直面する大きな問題のように感じました。
太田まんじゅうで一息。太田南のキャラクター、ゴンタくんの紹介もさせていただきました。

自治会役員の選任方法についてや、空き家および一人暮らし世帯の対応についてなど、太田南地区とは規模は違えども共通の課題があり、様々な意見が交わされました。
最後に、参加者全員で記念撮影。

今回、遠方より視察研修においでいただきましたが、逆に安治自治会から学ぶべきこと、新たな気づきも多く、非常に有意義な交流会になりました。それぞれまちの状況や立場は違えども、まちづくりに前向きに取り組む姿勢は同じ。

今回の交流がよりよいまちづくりにつながることを願っています。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松