二番丁地区コミュニティ協議会
                               

地域で支え合い活動を創る集い

 にこみんネットワーク会議は、「子どもから高齢者まで支え合いができる地域をつくってみよう」講演会を開催しました。 
 二番丁地区の自治会やコミュニティ協議会各種団体から約100名が参加し、地域で支え合う仕組みづくりについて学びました。

☆実施日:平成29年8月6日(日)

☆場 所:新番丁小学校

☆講 師:森 孝則さん
        (公益財団法人
            さわやか福祉財団)

 子どもから高齢者まで支え合う仕組みづくりについて、様々な地域の取り組みを紹介しながら説明しました。
 講演会後のワークショップ。
 草抜き、日曜大工、子どもの一時預かりなど身近な生活支援の書かれたカードをかざし、手助けしてくれる人を募集します。
 手助けする人が手を挙げたら交渉が成立するという体験ゲームを行いました。
 参加者たちは、有意義な時間を過ごしていたようでした。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松