古高松地区コミュニティ協議会
                       

踏切安全通行の訓練

実施日時 平成29年9月21日 13時〜

実施場所 JR春日川東踏切

参加者  
古高松地区コミュニティ協議会、古高松地区連合自治会、古高松地区交通安全母の会、古高松福寿会、春日十日会、以上の各団体が参加

実施内容 
1自動車が踏切内で立往生した場合の脱出、
2踏切支障報知装置の取扱い、
3信号炎炎管等の実演
4踏切を通行するドライバーに踏切事故防止チラシを配布

     

四国運輸局、高松北警察、香川県鉄道警察隊、JR四国、高松市くらし安全安心課、地元各団体の方が参加して開会式が行われました
踏切近くの敷地で、信号炎管(発煙筒)の使用方法の説明を受けて実際に体験をしました。
踏切現場に移動して遮断機の特質について詳細な説明がありました。
踏切支障報知装置(非常ボタン)の取扱い方法の説明とボタンを実際に押してボタンの感触を確かめました。
踏切内で立往生した場合の脱出体験訓練
地元参加者は車を運転したり同乗して脱出を体験をしました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松