二番丁地区コミュニティ協議会
                           

防災研修 災害エスノグラフィー

 過去の災害の被災者の言葉を集めた読み物を読むことで災害を追体験し、時間の経過と共に被災状況を想像してどう対応していくかという体験型学習訓練を行いました。 


☆実 施 日 :平成29年3月7日(火)

☆講   師 :日本赤十字社 香川県支部

☆主   催 :二番丁地区自主防災会・女性防火クラブ

 
   

 まず、災害直後から避難所生活を体験した人たちが、どのように対応していったかを読みながら、印象に残った個所にマーカーで印をつけていきました。
 次に、グループ内で活発に意見交換をしました。
 最後に、グループワークの成果を発表しました。
 参加者からは、今後も地区住民が集まり、このような研修を重ねることで、減災につなげようという声が多く聞かれました。
 

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松