浅野校区コミュニティ協議会
                         

第2回 浅野校区防災訓練

 昨年に引き続き2回目の防災訓練が小雨が降りしきる中、11月23日(祝水)に浅野小学校運動場体育館で開催されました。

 参加者は総勢350名。天候の関係で総合訓練(トリアージ)、個別訓練の土嚢作りは中止となりましたが、緊急時・災害時にも対応できる知識・技能の向上を目指し、参加者は真剣に取り組んでいました。

【受付】
9時の防災訓練開始合図(防災無線)によって、住民が自治会集会所などの一時避難場所に集合したあと、小学校運動場に避難、受付しました。
【開会式】
消防団長が避難者総数を実行委員長に報告し、主催者・来賓挨拶後、当日のスケジュールの説明がありました。
【災害用品展示】
ピロティでは非常時、災害時に役立つ用品の展示がありました。
【撮影パネル】
会場には消防署員になれる顔出し撮影パネルもあり、親子で撮影される人もいました。
【個別訓練 枉嘆亟鐚莪祁盈
水が入った消火器を使って、ピンを外し、的に向かって放水しました。
【個別訓練◆霸譽魯Ε溝慮
スモークマシンを用い、煙が充満された視界の悪い室内を体験されました。
【個別訓練】炊き出し訓練
アルファ米による炊き出しがあり、参加者は美味しそうに試食されていました。
【個別訓練】体育館会場
体育館内にも大勢の参加者が集まりました。
【個別訓練ぁ朶憤彙寛雄鄒訓練
竹2本に毛布をS字に巻いた簡易担架を作成し、人を乗せて運搬しました。
【個別訓練ァ杙鯵儷勹急手当体験
手などを負傷した際に三角巾等を使った応急処置の方法を学びました。
【個別訓練ΑAED操作体験
心肺停止時の行動として、AED操作方法や人工呼吸方法を体験しました。
【閉会式】
消防署香川分署長による総評があり、いつ起こるか分からない災害のためにも継続して訓練を続けることの大切さを教えて頂きました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松