林地区コミュニティ協議会
                                   

第6回林地区防災訓練

平成28年10月30日(日)午前9時30分、林地区コミュニティ協議会と香川大学工学部が共同で防災訓練を実施しました。
約700名の林地区住民が参加し、大規模災害を想定した訓練を行いました。
煙や地震などの疑似体験、ローテク防災術として新聞紙スリッパや、浸水時に役立つさぐり棒の製作と使い方を教わりました。


子ども達中心にバケツリレーを体験してもらいました。みんな真剣です。
風水害の体験をしました。豪雨と激流が実際どのようなものか体験してもらいました。
炊き出し訓練として大鍋でカレーを約700食つくりました。誘導もスムーズにでき美味しくできました。
避難所運営、避難状況の確認、情報の連絡、避難者受付の訓練を行いました。
ローテク防災術として、新聞紙でスリッパを作りました。
ペットボトルで簡易雨量計を製作しました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松