戸田市ボランティア・市民活動支援センターホームページ

ホーム > 特集 > 特集No.62 『トマピーの“ゆるキャラさみっと”ふれあい日記』

平成23年11月26日(土)27日(日)の2日間、全国のゆるキャラとの交流と、東日本大震災の復興を支援するため、「ゆるキャラ(R)で元気!つながろう日本!」のテーマのもと、「ゆるキャラ(R)さみっとin羽生」が開催されました。

第2回目となるこのイベントには、「まちおこし」に積極的に取り組んでいる全国の市町村などから、ご当地キャラクター172体が集結!当日は、羽生水郷公園に大きなメインステージが設けられ、キャラクターのPRが行われました。
また会場にはたくさんの出店ブースが設けられ、各市町村などの紹介やキャラクターグッズ・物産の販売や、ご当地グルメなどの販売が行われました。

戸田市ボランティア・市民活動支援センターのイメージキャラクター“トマピー”も、このビッグイベントに戸田市代表として初参加!!!会場に集まったゆるキャラファンの皆さんに、トマピーの存在を精一杯PRしてきましたよ。

今回の特集では当日のレポートと、トマピーが出会ったとっても可愛い全国のゆるキャラ達をご紹介します。


◆ 開会式/ゆるキャラアピールタイム/キャラクター全員集合
――――――――――――――――――――――――――

ここがイベント会場の羽生水郷公園。たくさんのゆるキャラとゆるキャラファン達で熱気が溢れています。
初参加でちょっと緊張気味のトマピー。
ゆるキャラさみっとのオープニングは、実行委員長のお兄さん、司会のお姉さんの元気な掛け声でスタート!
主催地の羽生市ご当地キャラ達と一緒に「ムジナもん体操」も披露。
早速「ゆるキャラ・アピールタイム」に突入です!
トップバッターは、埼玉県のマスコット『コバトン』。県内のイベントにひっぱりだこの人気者です。
羽生西中学校のゆるキャラと生徒達。代々先輩方から譲り受けているという手作りのゆるキャラ秘話に感動しました。
山形・米沢市からやってきたNHK大河ドラマ「直江兼続」のマスコットキャラクター達。左から『けーじろー』、『おせんちゃん』、『かげっちさま』、『かねたん』。
埼玉・久喜市の『しょうぶパン鬼ー』。花菖蒲をモチーフに勝負パンツをはいた小鬼。みんなの勝負を応援します。
いよいよトマピーのアピールタイム。たくさんのお客さんの前で上手にアピールできるかな・・・?ドキドキ。
「戸田市のアイドル“トマピー”です!今日はボーイフレンドを探しにやってきましたっっ」とちゃっかりPR。
アピールタイムのあとは撮影タイム。「ハイ、ポーズ♪」
10秒間、決めポーズをとります。
そして今日の一番のみどころ。キャラクター全員集合の時間です。大きな特設ステージにこんなにたくさんのゆるキャラが勢揃いの風景に圧巻。
特別ゲスト「ひこにゃん」は、何と人力車に乗っての登場!!
さすがひこにゃん。圧倒的な貫録を感じます。
あいさつに駆けつけた上田知事(写真左)、羽生市の市長(写真右)。
埼玉県内のゆるキャラ全員集合。トマピー、がんばってセンターをGET!



◆ おともだち写真館
――――――――――――

「ゆるキャラさみっと」で出会ったたくさんのおともだちを紹介するよ!
レッドカーペットの上を歩いて退場する様子はまるで大スターのよう。



退場後もたくさんのゆるキャラファンに取り囲まれ、写真撮影や握手をお願いされるほど大人気のトマピーでした♪
こちら美味しそうなイチゴのお顔は、埼玉・吉見町出身の『よしみん』。おなかの2537という数字は日本一の荒川の川幅をアピールしてるんだってっっ
滋賀・大津市出身の『ちま吉』。約400年の歴史を受け継ぐ、伝統ある大津祭の公式キャラクター。ちまきの精霊でもある。
埼玉・深谷市の『ふっかちゃん』。名産「深谷ねぎ」のしなやかな角が特徴。ゆるキャラグランプリ2011では、堂々の全国6位入賞を果たした人気者。
長野・大滝村の『くりぴー』。御嶽山の雄大な森で育ったどんぐり。「緑のバトン」という名の植樹活動をPRしています。
埼玉・杉戸町の『すぎぴょん』。町の木である「杉」と、町の形が「鷲の形」をしていることからデザインされたそうです。
お隣の埼玉・川口市出身の『ジュリアン』。江戸時代から続く植木の町、安行のマスコットキャラクター。
山形市出身の『はながたベニちゃん』。江戸時代に栄えた紅花商人の蔵屋敷から飛び出した明るい女の子。トマピーも花笠踊りをちょっとだけ教えてもらいました♪
滋賀出身の『タボくん』。滋賀ふるさと観光大使を務めるT.M.Revolutionの西川貴教くんのキャラクター。多忙な西川くんに代わって滋賀県の魅力をPR。トマピーの彼氏候補のひとりです(*^^*)
岐阜・多治見市出身の『うながっぱ』。アンパンマンでおなじみのやなせたかし先生がデザインしたマスコットキャラクター。
山梨・市川三郷出身の『市川三郷レンジャー』のレッドとブルー(本当はイエローもいます)。地元の高校生がデザインしました。
愛知・稲沢市出身の『ピアッキー』。地域密着型スーパー「ピアゴ」のイメージキャラクター。
東京都出身の『ピーくん』。娯楽施設「ピーアーク」のマスコットキャラクター。おなかの黒いボタンをやさしくなでると何か良いことが起こるとか・・・!?
山梨・韮崎市出身の『ニーラ』。韮崎市を舞台にした絵本「ニーラ」の主人公で、市のイメージキャラクター。
長野・飯田市出身の『ぽぉ』。日本最大の人形劇の祭典「いいだ人形劇フェスタ」のマスコットキャラクター。特技は、りんごを頭に載せてバランスを取ること。
東京・中央区出身の『プラスくん』。三菱樹脂のPRキャラクター。手とか動かせなので、ちょっと大変そうなキャラのひとりでした(苦笑)。
宮崎県・宮崎市出身の『ビズベア』。オリジナル着ぐるみ制作会社KIGURUMI.BIZのキャラクター。はるばる九州からの参加です。
三重・伊賀市の『はいくちゃん』。伊賀市全域の小学生から公募され総勢261作品から選ばれたキャラクター。へそだしルックとルーズソックスをはいて、ちょっぴりギャルな芭蕉さんをイメージ。
佐賀・神埼市出身の『くねんニャン』(左)と『くねんワン』(右)。佐賀県神埼市にある国の名勝「九年庵」の春と秋をイメージしたキャラクター。
新潟・長岡市栃尾出身の『あぶらげんしん』。栃尾ゆかりの戦国武将「上杉謙信」と栃尾名物「油揚げ」を融合させたキャラクター。
福島・西会津町出身の『こゆりちゃん』。町の花「オトメユリ」の妖精。町の特産品「桐下駄」を履いて歩く姿がとってもキュート。
長野・小谷村出身の『たりたりOTARI』。カラスじゃないよ!キツツキだよ!信州おたり村のPRキャラクター。特技はノルディックウォークだとか。
富山・黒部市出身の『ウォー太郎』。黒部の名水キャラクター。富山県出身の漫画家「藤子不二雄A」先生がデザインしたんだって!



◆ ブ ー ス
――――――――――――
岐阜市・柳ヶ瀬商店街の【非】公式キャラクター『やなな』。ゆるキャラグランプリ2011では全国8位の人気者、というよりキワモノ(笑)。あまりの天真爛漫さにトマピーもたじたじ・・・。
茨城・潮来市出身の『あやめ』ちゃん。市の前川あやめ園に咲く、あやめの花の妖精。癒し系のゆるキャラ。
会場にはたくさんの出店ブースが設けられ、各市町村などの紹介やキャラクターグッズ・物産の販売や、ご当地グルメなどの販売が行われました。さらに、宮城・福島・茨城県の被災地の物産品コーナーも設けられ、どのブースもたくさんのお客さんで賑わっていました。
こちらは、たくさんの風船で彩られた『トマピー応援団』のブース。朝早くから出かけ、はじめての出展に緊張しながらも1日がんばった応援団の皆さん、本当にお疲れ様でした〜。
『トマピー応援団』のブースでは、トマピー&埼京戦隊ドテレンジャーのオリジナルタオルを販売。また、ブースを訪れてくださった方には、トマピーのしおりや風船を無料配布し、喜んでいただきました。
北海道・夕張市からやってきた『メロン熊』のブースでは、なんと100種類を超えるメロン熊グッズを販売(*_*)
会場では全国のゆるキャラが収録された「ゆるキャラカード」たるものも販売。数年後にはレアなお宝になってるかもしれませんね。
★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

こんなにたくさんのゆるキャラがいる中で「トマピー!!!」と声をかけてくださるお客さんが多く、本当に驚きと感動の連続の1日でした。

これからも大好きな戸田の町をどんどん全国にPRしていきたいと決意を新たにしたトマピーでありました。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★


【文責: 丸山(トマピー応援団)】
 
情報掲載日:2011/12/27
前の画面へ戻る