戸田市ボランティア・市民活動支援センターホームページ

ホーム > 特集 > 特集No.27 『市民活動を楽しく活発化!地域通貨戸田オール』

 私達、地域通貨戸田オール運営委員会は、戸田市の基本構想に定める「パートナーシップでつくる 人・水・緑 輝くまち とだ」の実現に向け、市民活動を楽しく活発にしていく「道具として」地域通貨の活用を推進しています。


 目 指 す べ き 目 標
―――――――――――――

 ○地域で出会い・ふれあい・支え合いがある、
  住んで良かったと思えるまちを目指す。
 ○誰もが自分の興味ある部門のまちづくりに参加し、
  パートナーシップによるまちづくりを目指す。

 コミュニティが希薄となった地域社会の中で、地域通貨を仲立ちとして「出会い、ふれあい、支え合い」の地域社会をみんなで考え、築いて行く。その道具として戸田オールが皆様のお役に立てることを願っています。

 また、パートナーシップによるまちづくりに多くの市民の参画が期待されています。市民が参加しやすいように、市民活動が活発になるためにも地域通貨戸田オールの役割があるものと思っています。こうした活動を通じて地域経済の活性化にも貢献できるようになるのではないでしょうか。


 地 域 通 貨 と は
―――――――――――――

 ある特定の地域内で、法定通貨である円では表現することが困難な社会的価値、あるいはコミュニティ独自の価値を交換・流通させるための道具です。ボランティア活動等の感謝の気持として受け取ったものは、自分が人にサービスを頼むときに使うことができます。地域通貨は、市民同士の助け合いや思いやりの気持ちを大切にしていくものです。

 今 ま で の 経 緯
―――――――――――――

 平成14年度に市が募集した『地域通貨で市民活動を楽しくする懇話会』に集まった市民が戸田にふさわしい地域通貨は何かについて検討を重ねました。その後、実際に実証実験をしてみようということで、地域通貨を発行し運営する市民活動団体『地域通貨戸田オール運営委員会』を結成しました。

 地域通貨戸田オールは、運用開始当初は、善意のサービス交換を主とするエコマネーとして始まりました。実証実験を経た結果、地域経済の活性化等にも視野を広げ、地域の協賛商店にてモノと交換することも可能になり、現在に至っています。また、委員会の事務所を戸田市ボランティア・市民活動支援センターに移動し、発行と旧券引換の事務取扱を開始しました。

 今 後 の 展 望
―――――――――――――

 懇話会がスタートしてから5年が経過しました。5年間のまとめと今後の展望を協議中です。皆さんの変わらぬご指導ご支援をよろしく御願いします。

 特に、エコライフDAYとだ実行委員会の環境家計簿による地球温暖化防止活動で、参加した生徒の皆さんに10オール券を6000枚発行しました。また、オール券の交換会も実施し、オールの循環モデルとなるものです。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 戸 田 オ ー ル 基 金
―――――――――――――

 この基金は、地域通貨戸田オールにより皆さんの活動を支援したい、という思いから生まれました。

【 目  的 】・・・地域通貨戸田オール基金(以下「基金」という。)は、地域通貨戸田オール(以下「戸田オール」という。)を活用して実施される市民活動等を支援し、もって戸田市における市民活動の活性化に寄与することを目的とする。

【 助  成 】・・・基金は、戸田市内の市民活動団体、個人等が戸田市民とともに行う社会貢献活動において、戸田オールを発行する事業(以下「対象事業」という。)に対し、助成する。助成は、対象事業の実施における戸田オール発行経費の2分の1を限度とし、最高20,000オールを限度とて交付する。

【 基金活用事例 】
 ○いきいき虹の会・・・高齢者支援ボランティア
 ○厚生車輌福祉協会 ・・・支援センターイベントでアンケートに答えてくれた人
 ○エコライフDAY戸田実行委員会・・・戸田翔陽高校、ジュニサポ集計作業、チェックシートの準備作業
 ○ほほえみキッズサポーター・・・子供(小・中学校)がお年寄りたちにプレゼント作り
 ○高齢者の健康作りと生きがい作りの会・・・白河市との友好交流
 ○ジュニアサポートネットワーク・・・ジュニサポフェスタスタッフ・出演者
 ○上戸田商店会・・・上戸田ゆめまつり市民団体参加者

皆さんの活動において、戸田オールを発行する企画をどんどん戸田オール基金にご相談ください。ご連絡をお待ちしています。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 よ く あ る 質 問
―――――――――――――


Q.地域通貨戸田オールって何?
   出会いのきっかけ
   気楽なご近所付き合い
   お互い様のお付き合い
   町会行事への参加
   ボランティア活動への参加
  の仲立ちをします

Q.戸田オールはどうやって使うの?
   こんな時、戸田オールをお使い下さい

   ●戸田オールは感謝の気持を伝えます
    「ちょっとした感謝の気持を伝えたい」
     手助けしてもらったときに、「ありがとう」の気持を添えて渡します

   ●「ちょっと頼みごとをお願いしたい...」
     地域通貨戸田オール券でお願いしてみて下さい
     何かお役に立ちたいと考えている方はたくさんいます

   ●市内の協賛店でも使えます
     右記のステッカーが目印です 
     協賛店はこちら⇒URL:http://www.toda-oar.net/H19.10kyousan.pdf
     
   ●支援したい団体や運営委員会へ寄付することも出来ます

Q.戸田オールはどうしたらもらえるの?
   ●会員(会費1,000円)になると1,000オールを入手できます

   ●オールでご近所の方などにチョットしたお手伝いをお願いされたとき

   ●オールを発行する市内の各種イベント(町会、ボランティア団体、商店、企業、運営委員会等が主催
     する)に参加したとき

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 県内の地域通貨の状況
―――――――――――――――

それぞれ具体的な目標で地域通貨の運用を続けています。主なものをご紹介します。

◆熊谷市 「熊谷ありがとう券」  くまがや地域通貨研究会
⇒「くまがやありがとう券」は、自分たちのまちを暮らしやすく、魅力あるまちにするために活動する人々と、それを応援する人々(協力店ほか)を結びつけることを目的とする、換金できない市民のお金(地域通貨)です。この券は、社会貢献活動を行う団体のイベントに参加した時や、ちょっとしたボランティアをした時に「ありがとう」の気持ちをこめて渡されます。そして近い将来、市民同士が助け合いのお礼として交わす通貨にしたいと思っています。
URL:http://www.city.kumagaya.lg.jp/kurashi/siminkatsudo/npo/shimin_dantai/ichiran/tiikituukakenkyulai/index.html

◆入間市 「地域ふれあい通貨元気」 地域ふれあい通貨元気運営委員会
⇒地域ふれあい通貨「元気」を、賛同する人たちの間で互いに助け合う気持ちのもとにサービスやモノを交換するために通貨として使用し、もってふれあいを深め、元気に満ちたまちをつくるために広めることを目的とします。
URL:http://www5.ocn.ne.jp/%7Egenki-ii/ 

◆秩父市 「ちちぶ魅力アップ券」 ちちぶまちづくり工房
⇒秩父路の魅力アップを推進するため、ボランティア活動に参加した方が受け取れるボランティア地域通貨“ちちぶ魅力アップ券”を発行しています。また、同工房では、当該地域通貨をもらうことができる景観間伐(枝打ち)作業及びエコハイクのモデルコースを調査するボランティアを募集しています。これらの取組の目的は、ボランティア活動を活発化させることにより、国道140号線を中心とした秩父路の魅力アップを図るものです。
URL:http://prosv.pref.saitama.lg.jp/scripts/news/news.exe?mode=ref&yy=2006&mm=12&seq=144 

◆加須市 「加須ちょこっとうれしい地域通貨 ちょこっと券」
⇒敬老会に招待される75歳以上の皆様またはそのご家族の方が、市内の382の協力店で買い物やサービスを受けたときに200円券として使用できる商品券(割引券)です。この券が、ふだんご利用いただいているお馴染みのお店はもちろん、今まで訪れる機会のなかったお店をご利用いただくきっかけとなって、市内のあちらこちらで新たなふれあいの輪や交流の輪が広がることにより、皆様がいきいきと過ごしていただく社会づくりを応援していきます。
URL:http://www.city.kazo.lg.jp/OSHIRASE/kinro_tuka.html 


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

◎地域通貨戸田オール運営委員会ホームページ URL:http://www.toda-oar.net/
◎地域通貨戸田オール運営委員会ブログ     URL:http://blog.livedoor.jp/todaoar/

                                                         【文責: N】
 
情報掲載日:2007/12/13
前の画面へ戻る