戸田市ボランティア・市民活動支援センターホームページ

ホーム > 環境・みどり全般 > 環境みどり特集No.3 『100万人のキャンドルナイト』


◆ キャンドルナイトって・・・?
―――――――――――――――――――――――

 キャンドルナイト(Candle-Night)は、照明を消し、キャンドル(蝋燭)を灯して過ごそうという運動をいい、スローライフ運動の一つです。
 キャンドルを用いることで、気分転換や雰囲気作りを図り、癒しなどの効果を求めることが多く、キャンドルの原料によっては、アロマセラピーといった付加的な効果を得ることもできます。また、省エネルギーや地球温暖化防止(温室効果ガス削減)に貢献すると考えられています。



◆ 100万人のキャンドルナイト
―――――――――――――――――――――――

 「100万人のキャンドルナイト」は、2003年の夏至(同年6月22日)に第1回が行われ、以降夏至と冬至を中心とした期間の夜(日本時間20:00〜22:00)に行われ、日本各地でさまざまなイベントが行われています。
 過去の100万人のキャンドルナイトでは東京タワーなどの施設において消灯が行われ、2004年には運動が評価され、グッドデザイン賞(新領域デザイン部門)を受賞しました。

◎「100万人のキャンドルナイト」公式ホームページ
  URL:http://www.candle-night.org/


         ☆ ★ ☆ ★ ☆ 100万人のキャンドルナイトin戸田 ☆ ★ ☆ ★ ☆

戸田市では、ロータリークラブ主催で戸田市内の飲食店や商店会のご協力で街の明かりを消すというキャンドルナイトを楽しむイベントを企画しています。その際、事前に回収したジャムの空き瓶1200個の中にろうそくを入れ、市役所通りと市役所南通りに灯します。

1家庭が2時間、照明とテレビを消した場合、平均的な家族でおよそ287.5gの二酸化炭素(CO2)が削減されます。そして、約50軒の家族が2時間協力すると杉の木1本が1年間に吸収する二酸化炭素の量に匹敵します。つまり、近所の皆さんの家族がわずか2時間、キャンドルナイトを過ごすだけで木を1本、1年間育てたのと同じ温室ガス削減効果があるのです。

クリスマスを前に、ご家庭でキャンドルを囲んでお話をするものよいでしょう。この機会を家族団らんのお役にお立てください。そして、地球環境を未来の子ども達にどうやって引き継いで行けるのか、一緒に考える時間にしてください。皆様のご参加、ご協力をどうぞよろしくお願いします。



   『100万人のキャンドルナイトin戸田』

   ☆実施日  2007年12月22日(土)
   ☆実施時間 午後7時〜9時の2時間


 ※詳細、及びお問い合わせは 
     http://ecolifeday-toda.info をご覧ください。

 ※12月2日の冬のエコライフDAYにもご参加ください!

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・
【文 責】 戸田市ボランティア・市民活動支援センターTOMATO内 サイト事務局
【協 力】 エコライフDAYとだ2007実行委員会
 
情報掲載日:2007/11/15
前の画面へ戻る