戸田市ボランティア・市民活動支援センターホームページ

ホーム > まちづくり全般 > まちづくり特集No.3 『生ゴミから花を咲かせよう〜ゴミュニティ』

                エコ・とだ・ネットワークの活動と考え方
                〜生ゴミから花を咲かせよう〜 ゴミュニティ

エコ・とだ・ネットワークは、戸田市内の気の合う仲間で作った、身近な環境問題に取り組みながら、まちづくりを目指す市民活動団体です。

―――――――――――――――――
 戸田のまちづくり市民活動グループ
―――――――――――――――――
「環境は身の回りのこと」、「まちづくりはご近所づきあい」と考えている。つまり「生活」を意味することになる。生活であれば無理をしてはいけない、毎日のこと、ずっと続けることになる。

●このことから次のキーワードが出てくる。
  「気軽に」「いま出来ることから」「無理をしない」「楽しむ」「続ける」。
  継続は力、続けるためのキーワードになる。
●気軽にはじめるためにも、失敗を恐れずに考動している。失敗は次の実践のための経験とする。
  「失敗」と書いて「経験」と読んでいる。PDCA(Plan Do Check Action)サークルを回す事が大切。



 「生ゴミから花を咲かせよう」という活動。
 花は本物の花であり、
 活動に参加しているひとり一人の思いの花です。




 まちを構成する様々な立場の人々が信頼関係をもとに協力しながら、「エコロジー」と「エコノミー」と言う「Wエコの考え」で、協働・考動し、‥垰坿超美と都市景観、⊃箸硫鵑蠅隆超問題、食の循環をとおした食育、っ録未箙真紊噺世辰榛匈欧量漫△覆匹ら戸田という同じまちに住むパートナーとして、「安心・安全まちづくり」を目指そうとしています。
 まちにどんな人が住み、どんな考えを持っているのか、わからないのが現実です。エコとだネットワークは、今までに交流をし、気心の知れた者同士が、友人・知人を紹介しながら職業や地域と世代の枠を越えて本音で話し合い、発想の転換を図り、実践を通して今まで以上に楽しみながら人の輪を拡げ、地域コミュニティを活性化しようとしています。

 まちに暮らすのは健常者だけでなく、障害を持った方もいます。障害者がいるのが当たり前のまち。お互いの立場を理解し、話し合いながら「住んでいて良かった」と言えるまちづくりをめざします。
エコとだネットワークは、地域と世代を超えて、人と人、心と心のふれ合いの出来る場を持ち、明日へと繋がることが大切と考えています。


―――――――――――――――
 花の交差点  【都市美・景観】
―――――――――――――――
環境問題を身の回りの環境と捉え、身近な都市環境の景観や都市美の切り口からの取り組みです。花の交差点には園芸種だけでなく、トダシバ、トダスゲ等戸田にまつわる野草や、チョウジソウ、タコノアシと言う絶滅危惧種の保存、ヤブランなどの野草も植えて、自然との共存をも考慮しています。


――――――――――――――――――――――――――――――
 とだユウキ  【生ごみの循環・リサイクルの推進】  食の循環
――――――――――――――――――――――――――――――
環境問題の中でも、一番生活に密接なゴミ問題からの取り組みです。生ごみの循環を通して、戸田のゴミは戸田の中で循環させようとの考えで、循環型社会、リサイクル推進の取り組みでもあります。
とだユウキは、生ごみ処理機から出た生成物を肥料メーカーで成分調整をしてもらった有機肥料ですので、農産物にも安心して使えます。

―――――――――――――――
 学校応援  【食育・環境教育】
―――――――――――――――
次代を担うのは子どもたちです。環境問題を環境教育の中でも食べ物を通し食育の観点からの取り組みです。
子どもたちに、自然の循環システムを利用している生ごみの循環から、食の安全や身の回りの環境問題をより身近に感じてもらい、食育という考えでお手伝いをしています。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 とだ防災キャンプ 【地域コミュニティ】 様々な立場の人が居るのが当たり前のまち。まちの連携。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
環境問題を解決するためにも、まちの連係が必要です。まちの連係のため、地域コミュニティの観点からの取り組みです。災害を防ぐ「防災」ではなく、被害を減らす「減災」という考えからまちづくりを考え、どうしたらいいのかなど、まちの人々が一緒に地震をテーマに避難所としての小学校を中心として戸田市内の地域内交流を目的に取り組んでいます。
とだ防災キャンプは、障害者と一緒に協働し、地震などの避難場所となっている小学校を情報の発信場所として、まちの拠点となることを願った活動です。学校と地域の交流の場でもあります。

HP http://www.eco-toda.net/
ブログ http://blog.livedoor.jp/ecotodanet/                【文責:エコ・とだ・ネットワーク】
 
情報掲載日:2007/07/16
前の画面へ戻る