戸田市ボランティア・市民活動支援センターホームページ

ホーム > 高齢者全般 > 高齢者特集No 14 『ボランティアセミナリーOB会の旗は行く!』(H30.07.30)

 田市が文化会館で開催する「敬老の集い」やスポーツセンターの「シルバースポーツ大会」でお手伝いをしていると、「どこの団体?」と聞かれることもしばしばです。
「OB会の旗があったらいいよね」、「みんなでTシャツかスカーフもかっこいいよ」
 そんな声に押されて「総会でみんなに聞いてみましょう」と図った結果、大多数の賛成が得られました。
 たちは、戸田市社会福祉協議会のボランティアセミナリー修了者が任意で参加する団体で、今春、26期生が入会しました。
 近年は、セミナリー受講者も終了後の入会者も減り、在籍会員も高齢化してきました。ボランティアに協力することが大変な場合もあります。そのためにはまず、自分たちが健康であることが大事です。
 活動計画では、健康維持のためハイキングを毎年春の花巡り、秋の紅葉狩り、冬は初詣を兼ねて実施しています。当然、電車に乗ることが多くなります。そこで、目印にも絶対あった方がいいと、会旗の作成に取りかかりました。
 動は、義務ではなく、「出来る人が」、「出来ることを」、「出来る時に」を基本とし、決して無理をしないで楽しく活動することを第一に考えています。
 この言葉をメインにデザインし、携帯用は英文にしました。更に戸田ケ原のサクラソウを加え、業者と打ち合わせ。LINEで役員に見本を流して意見を求め、色やサイズを修正、打ち合わせを重ねて横断幕と携帯用に2種作成しました。
 成した旗は、塩船観音寺のつつじハイキングには間に合わず、6月5日の東京農業大学「食と農の博物館」見学でお披露目となりました。
 戸田公園駅を出発した会旗は、新宿駅、渋谷駅でも立派に先導しました。この日は珍しい生き物や植物を観察し、仲間と楽しく貴重な一日学生を体験しました。
 日用事がある「今日用」と、今日行くところがある「今日行く」のために、勉強しながら、楽しみながら健康を保てたら素晴らしいことだと思いませんか。
 セミナリー未受講者でも協賛会員で加入できます。入会後の区別はありません。
 高齢者集団となった当会も、頼るより頼られるボランティア団体として、翻る旗の下、今日も行きます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆文責:≪ボランティアセミナリーOB会≫上村
 ☆団体ページ⇒ http://genki365.net/gnkt01/mypage/index.php?gid=G0000068
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 掲載:TOMATOホームページ事務局(校正M.Y/編集S.Y)(2018/07/30)
 
情報掲載日:2018/07/30
前の画面へ戻る