戸田市ボランティア・市民活動支援センターホームページ

ホーム > まちづくり全般 > 町会・自治会特集No.7 『東町町会の目指すところ』H29.09.27

「東町町会」の目指すところ

 東町町会は、上戸田地区にあり、地域の中央を東西に中央通りが走り、南は本町1丁目、2丁目の一部、北は上戸田2丁目、3丁目の一部の地域で、約500世帯が会員となって構成されている小規模な自治会です。他の町会と同様、各種行事やパトロール、清掃活動等の地域活動を行い、地域コミュニケーションの醸成を図っているところです。

 また、地域内や近隣には、戸田公園駅、病院、市役所、小学校、商店街等もあり、近年には、こどもの国やコミュニティー施設がリニューアルされ、さらに暮らしやすくなってきています。
 このような地域柄もあり、戸田市が市制施行50年を超え発展してきたように、本町会もこの半世紀の間にまちの雰囲気、人の様子も大分様変わりしてきました。それは、戸田市が抱える課題とも相重なるところがあるようです。街並みは、道路や公園が整備され、高いマンションが立ち並び、そこに住む人々も代が変わったり引っ越してこられたりといろいろです。時代が変われば、そこに住む人たちの生活や考え方、時間の使い方も変わってきます。
 結果として、「ご近所のことがわからない。」という事になってきました。当然のことながら、知りすぎる必要はありません。
 しかしながら、近年、地震、台風、ゲリラ豪雨などの自然災害が各地で発生し、ここ戸田市でもいつ起こってもおかしくない状況であり、突発的に起こるこのような事象のときには、行政の方々も被災者となるわけで、いち早く駆けつけられるのが「ご近所」という事になります。

 そこで、ここ数年、東町町会では会員名簿の作成に力を入れています。以前は、業者さんに依頼し、家族構成や電話などを掲載したいわゆる名簿でしたが、現在は、非常時の連絡先、助けの有無、身体の状況等も記入していただき、町会自らで作成、印刷し、いざというときに役立てられるよう、毎年更新して作成しています。
 当然のことながら、会員登録に必要な住所、氏名以外は任意ですが、年を追うごとに趣旨をご理解していただき、記載していただける方が増加しております。また、多少ながら毎年災害用備蓄品も整備してきております。

 町会活動に対しては、「一部の人たちで運営している。」「加入してもメリットがない。」「役員になりたくない。」「煩わしい。」といった声を耳にすることがありますが、東町町会では、以前よりあまり前例にこだわらず、新しい意見や試みを採り入れつつ伝統は受け継ぎ、試行錯誤を繰り返しながら行事運営をしてきており、また、誰もが無理をせず参加協力できる運営を心がけています。そして、おせっかいなご近所力を発揮でき、「この地域に住んでいてよかった。」と思えるような「まち」になれればと考えています。

========================================
【 文責:≪東町町会≫ 松岡 尚幹 】
========================================
 掲載:TOMATOホームページ事務局(校正M.Y/編集S.Y)(2017/09/27)
 
情報掲載日:2017/09/27
前の画面へ戻る