戸田市ボランティア・市民活動支援センターホームページ

ホーム > 文化・趣味・レクレーション全般 > 文化趣味特集No.17 Pilialoha TODA 〜Hulasession2016〜


〜ALOHA〜

 2013年から始まった戸田市内のフラサークル大共演のイベント「Pilialoha TODA」、2016年5月22日に開催された第3回目は、フラサークル17団体262名が集まり、華やかなステージパフォーマンスを披露してくださいました。2013年の第1回目からのステージの様子と比べると人数が増えたのがわかります。

第1部 Aloha aina〜大地を愛する〜

 第1部はAloha aina〜大地を愛する〜をテーマに、オープニングはイラストレーターの温かな絵を使い、ハワイで有名な火の女神ペレが登場する「オヒアレフア」の神話でスタートしました。

 Pilialoha TODAは演じる人も「お客様になる」がお約束ですから、衣装を身に着けた参加者も客席から楽しみました。

 オープニング終わりでフラが始まると次々とフラダンサーたちはステージに登場します。

 ステージ袖ではドキドキと・・・踊っているときは会場に向けた笑顔とステージライトを浴びてワクワと・・・そして演じ終えたあとのホッとしたやすらぎ溢れる表情はどなたも満足されてキラキラと輝いていました。


第2部 Ho’ponopono〜こころの洗浄〜

 まさにテーマ通り、心が洗われるような美しい歌声をもつ戸田市在住の夫婦デュオ「IMAIFUTARI」が会場のみなさまを心地よい世界に誘いました。

「どこまで出るの?」という高音は素晴らしく、ハワイのどこまでも続く高い高い青空を連想させます。

 
第2部のトリは高校生・・・『ティーンズフラ』

 今回は大宮高校生がディズニーの「アンダーザシー」の曲で、はつらつとした笑顔とかわいらしい踊りで会場を最高潮に盛り上げてくれました。

 高校生といえば、ボランティアでご協力いただいたのは戸田市南稜高校の「インターアクト部」18名なんですよ。大変な裏方を快く引き受けてくださり、引率の先生とともにがんばってPilialohaTODAを支えてくれました。若い力は素晴らしい!!
 

第3部 Mahalo nui loa〜こころからの感謝〜

 お越しいただいたお客様に感謝をこめ、「うすいなおこバンド」がしっとりと心を込めて歌いあげ幕が開きました。

 今回参加された年代も3歳〜80歳代まで、幅広い年代が同じステージに立てるのがフラのいいところ。開催ごとに戸田市のフラサークルも増えています。これにも感謝。

 また、今回は世代だけでなくこれまでは女性ばかりのステージでしたが、男性のフラもみなさまにご覧いただきたく、普段は南浦和でフラグッズの販売をしているお店の男性スタッフ4名にステージに参加いただきました。

 第1部のトリにフラアウアナ(現代フラ)を、第3部のトリには炎の演出をバックにマロ(ふんどし)の衣装でフラカヒコ(古典フラ)を披露いただき、会場は見たことない迫力ある男性フラに心奪われていました。私もその1人です・・・。
 
 今回も大盛況で、開催ごとにふえる入場者数はトータル1430名でした。

 いらしたお客様からも「ホントに見たことのない演出で、しかもこれが入場無料で観られるのはうれしい・・」や「毎年楽しみにしているのよ」といったうれしいお言葉をいただきました。ありがとうございました。

 今後も出演者はもちろん、お越しいただいたお客様も心に残るイベントになるようこれに満足することなく、少しずつ形を変えながらより楽しめる戸田のイベントになるよう努力いてまいります。


 このイベントにご協力いただいたみなさまに感謝を込めて・・・Mahalo nui loa kea kua・・・

★〜☆〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜☆〜★〜☆〜★〜☆

【文責:PilialohaTODA(ぴりあろは とだ) 咲乃 けこ】
 団体ページは下記をご覧ください。
 ☆http://genki365.net/gnkt01/mypage/index.php?gid=G0000184

★〜☆〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜☆〜★〜☆〜★〜☆
編集/掲載:TOMATOホームページ事務局(2016/07/28)
 
情報掲載日:2016/07/28
前の画面へ戻る