花の里公園奉仕団

花の里公園奉仕団  5月5日 暖かくなりました、お昼は木陰で食べました。

 子供の日ですが、コロナの影響で静かな祭日でした。今、ふと思いついたのですが、竹林の中で鯉登を泳がすというのはどうでしょうか?迫力があると思いますが。周りの竹に絡んでダメでしょうか。上にあげる方法も考えねばいけませんね。
 26度、暖かい日でした。暑いので、昼ご飯は木陰で食べました。話題はやはりコロナ絡みですね。持ち寄った情報をもとにアーダコーダと言っています。昼休みには年寄りによくあるあそこが痛いここが悪いということはほとんど話しませんね。それだけみんな健康なのか、野外の明るい雰囲気がそうさせるのでしょうか。
 写真は今回、さらに懸念して3m離れて撮りました。みんな、もちろん元気です。

 
   

 竹伐採、似た風景で写真の選定に苦労します。
 これは現場の様子がよく分かります。褐色は枯れた竹です、すべて切っています。緑色は新しい竹、ここ、1,2年生でしょうか。深い緑色で切ると柔らかく途中で割けるように倒れたりします。
 斜面で切った竹は斜面勾配に直交するように並べています。
 倒した竹の中から小さなアオガエルが出てきました。2僂曚鼻可愛いですね。
 竹林の中は動物の類はほとんど見ません。やはり竹の単一植生の中では動物も少ないのでしょうか、それとも冬を挟む季節のせいでしょうか。
 もっとも、切った竹株に水が溜まりますから、蚊はぐんと出るのではと心配しています。蚊取り線香は必需品でしょうね。
 林の周辺は陽の光がよく入るせいでしょう、色んな植物が共生します。ここでは竹とツタなのですが、上で絡むので、処分に手間取ります。多くのメンバーで排水路沿いの整備にかかっています。
前のページへ戻る