花の里公園奉仕団

花の里公園奉仕団  4月21日 ウワミズザクラが咲きました

 風もなく暖かい日でした。コロナ騒動で我々もどう行動すべきか迷っています。或る団体は野外で離れて活動する分には大丈夫と判断されているとか、我々も続けています。近接は避け、というわけで、写真も3mほど離れて撮りました。
 前回初参加の方、単調な仕事に続けてもらえるか心配したのですが、こういう仕事が好きだとのこと、後ろで拳銃スタイルで入っています。頭を使わずに坦々とぼんやりとやる仕事もいいもんです。それで何となく成果が出れば。
 後ろの山、高い樹はコナラです。一斉に灰緑色の新芽を吹きだしました。今から新緑、深緑と急速に色を変えていきます。春の山ぜひ散歩で味わってください。

 
   

 前回紹介したウワミズザクラ、花が咲きました。ブラシのような白い花です。この樹は我々の作業前、竹に埋もれていました。そこには花がつかず、わずかに顔を出していた処、樹の前面に花がついています。
 この桜は周辺の山中にたくさんあります。
http://www.rokkosan-shizen.jp/sub132.html
 竹林の周辺、陽当りのよい処は竹に絡んでツタが伸びています。ツタはどんどん上に伸び、他の竹に乗り移り巻き付きます。 
 というわけで、竹を1本切ると、その周辺の絡まれた竹を切らねばならなくなります。悪戦苦闘しています。
 
 ツタも竹に絡むと陽を受けて大きく径5僂曚匹砲發覆蠱櫃鯆め付けます。また、竹への陽当りが悪くなるせいでしょうか、竹は枯れ始めます。ツタは周辺のより高い竹に居場所をもとめます。
 竹はまた翌年、下から出てきます。お互い、しぶといですね。
前のページへ戻る