花の里公園奉仕団

花の里公園奉仕団10月3日の活動

 詳細は、このページの「イベント情報」に載せていますが、10月8日日曜日に「森と村祭りを見る」4時間ほどの小さなツアーを予定しています。この記事に興味のある方、オオルリやアキニレなどの紹介を森の中で、歩いて30分ほどのところにある神社の村祭り、ダンジリと獅子舞、が見れます、ご参加ください。午後1時30分に弥生コミセンに集合です。申し込みの必要はありません。
 今日は参加者が多くなりました。長い間、体調を崩されていた方が、涼しくなり戻られました。どなたでしょうか?似たような顔が並んでいますが。
 朝まで雨が続き、活動を迷いましたが、エイやと8時半に開催を決めました。曇りでしたが、雨は降りませんでした。まあ、こんな芸当ができるのも、歩いて20分ほどのところに、家があることの利点だと思っています。

 
   

 変わったことをしています。山道の幅を測っています。森の作業の一部に山道の保全を委託されています。まあ、仕事にもっともらしさを付け加えるために?山道に20mごとの表示杭を打ち、幅を測っています。
 長さ20mを測量し、表示の杭を打っています。この後、周辺の笹、常緑樹を伐採し、山道の整備をします。
 整備された山道は快適に歩けます。雨の日でも傘をさして歩けます。ぜひ一度歩いてみてください。
 3台の刈り払い機を使い、道の雑草、主に笹ですが、を刈り取りました。以前、危険だからチェーンソーは使わないと言いました。でも刈り払い機は使います。流石に鎌で刈っていては終わりません。昔の人は偉かった。しんどかった。ちなみにチェーンソー日本語では鎖鋸というそうです。
前のページへ戻る